大根

冬の定番野菜でもある大根。
淡泊な印象で、あまり栄養が豊富に含まれているイメージがないかもしれません。

ですが大根には、消化酵素やビタミンC、鉄や食物繊維がたくさん含まれているのです。

特に、生で食べた時の酵素やビタミンCの補給しやすさはとても魅力。
旬の時期なら、毎日でも食べたい野菜のひとつだと思います。

実際に含まれている成分と、期待できる効果は次のようなものがあります。

  • ビタミンCでウィルスを攻撃して、しっかり風邪を予防
  • 辛味成分ソチオシアナートは殺菌力や食欲を増進させる
  • 消化酵素であるアミラーゼなどが積極的に消化を助け、疲れた胃腸の強い味方に
  • 大根の辛味成分には、喉など気管の炎症を抑えてくれる効果も

葉の部分はさらに、こんな栄養素があります。

  • ビタミンB1、B2
  • 鉄・リン
  • カルシウム
  • ミネラル
  • カロチン

緑黄色野菜のように栄養素がいっぱい。
葉付き大根を購入できたら、葉っぱも食べるようにしたいですね。

大根はこんな時にこそ役立ちます!

大根はこんな時にこそ役立ちます!

  • 風邪のひきはじめ、喉がイガイガする時
  • 食べ過ぎや食あたりで胃腸が弱っている時
  • 体の冷えが気になる時

葉っぱにはビタミンやミネラルが豊富です。
一緒に食べることができれば、疲労回復などにも効果があります。

大根を無駄なく効果的に食べて、免疫力を向上させる方法

  • ウィルス撃退や胃腸を元気にしたい時は生で食べる
  • 辛み成分を利用したい時はおろして食べる
  • 切り干し大根を使ってみる

大根に含まれる酵素やビタミンCは、熱に弱いものです。
ウィルス撃退や胃腸を元気にしたい時は、できるだけ生で食べた方が良いでしょう。

また、辛味成分もすりおろしたり、つぶしたりすることで生まれるものです。
なので、すりおろした生の大根を食べるのが1番効果的です。

ただ、放置している間に、酵素やビタミンは逃げてしまいます。
食べる直前に、すりおろして食べるようにしたほうが良いでしょう。

切り干し大根は、干すことで酵素などは無くなっています。

ですが、カルシウムや食物繊維などは豊富に含まれたまま、食べる食材です。
保存もきき、年中手軽に購入できるので、使ってみてはどうでしょうか。

スポンサーサイト

海藻は細胞強化力がすごい